支笏洞爺国立公園をモデルとした生態系保全のためのニホンジカ捕獲の技術開発


【研究概要】
野生動物の適切な管理、特にニホンジカ(Cervus nippon)の効果的な捕獲技術開発を通じた生物多様性保全は、日本国内の生態系保全において最重要課題の一つとなっています。日本各地でシカの採食圧を原因とする自然生態系への被害は深刻であり、北海道では災害とさえ呼称されるほどです。貴重な生態系を維持するための国立公園におけるシカ管理では、科学的な根拠に基づいた効果的な捕獲が重要であり、その捕獲では生態系への影響を排除した捕獲罠のデザインや誘引餌の選択などが求められます。一方で、北海道のシカ対策に係る研究に関しては東北海道での研究例はありますが、西北海道では研究例が限られているのが現状です。特に西北海道のシカ個体群激増の原因と指摘されている支笏地域での研究が皆無であるため、実態の解明が喫緊の課題となっています。また、世界各地で課題として取り上げられるシカの捕獲技術開発および科学的な個体数管理を国内の自然生態系を代表する国立公園において行うことは、環境行政にとって科学的・社会的に意義が高いといえます。

本研究プロジェクトでは西北海道に位置する支笏洞爺国立公園をモデルとして、「条件抽出」、「体制整備」、「捕獲効率」、「行動と動物福祉」、「個体数管理と季節移動」の5つのキーワードに着目し、それらをサブテーマとして国内における各専門分野を代表する研究者が解明することで、有効な実践研究からニホンジカの効果的な捕獲技術の開発を試みます。シカ個体数管理に必要な捕獲技術の開発をとおして支笏洞爺国立公園の生態系を保全できるモデルケースを作成することにより、最終的な達成目標として自然公園でのニホンジカ大量捕獲マニュアルを立案します。

【研究項目及び実施体制】

条件抽出:環境条件に合った管理手法の選定
独立行政法人 森林総合研究所
体制整備:シャープシューティングを円滑に実施するための体制整備に関する検討
岐阜大学
捕獲効率:島嶼生態系における推定母集団を利用した捕獲効率に関する研究
東京農工大学
行動と動物福祉:大量捕獲罠におけるニホンジカの行動学的研究
北海道大学
移動追跡:季節移動の追跡と生物多様性保全のための個体数管理
酪農学園大学

【研究メンバー】

高橋 裕史
独立行政法人 森林総合研究所 関西支所 生物多様性研究グループ/主任研究員
松浦 友紀子
独立行政法人 森林総合研究所 北海道支所 森林生物研究グループ/研究員
鈴木 正嗣
岐阜大学 応用生物科学部/教授
梶 光一
東京農工大学大学院 農学研究院/教授
鈴木 馨
東京農工大学 農学部/准教授
角田 裕志
岐阜大学  附属野生動物管理学研究センター鳥獣対策部門 寄附研究部門教員(准教授)
近藤 誠司
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター/教授
吉田 剛司
酪農学園大学 環境共生学類/教授
宮木 雅美
酪農学園大学 環境共生学類/教授
赤坂 猛
酪農学園大学 環境共生学類/教授
伊吾田 宏正
酪農学園大学 環境共生学類/准教授

【研究成果】

学会や論文等での発表の詳細はこちら

2012年2月1日
ホームページを公開しました。
2012年2月10日
洞爺湖中島エゾシカ対策協議会が発足されました。
2013年9月9日
日本哺乳類学会大会 ミニシンポジウム「国立公園・鳥獣保護区におけるシカ管理の川上から川下まで- 統合的なシカ管理体制の構築-」を開催しました。
2013年9月28日
シンポジウム「日本の野生動物管理の転換点 -道内外の先進事例から学ぶ-」を札幌で開催しました。
2014年2月25・27日
支笏湖周辺でのエゾシカ捕獲のため、国道453号一部区間を通行止めしました。


Comments are closed.