学会発表


2017年
日本生態学会 第64回大会
【ポスタ―発表】
●「釧路地方におけるエゾシカは禁猟とされた「時」と「場」を知っている?」
菅野慎・佐藤温貴・吉田遼人・上原裕世・日野
貴文・宇野裕之・赤松里香・村井拓成・
立木靖之・吉田剛司

ヒトと動物の関係学会 第23回大会
【口頭発表】<奨励賞受賞>
●「北海道における外来カエル対策の優先順位の検討」
鈴木あいり・更科美帆・吉田剛司

北海道自然史研究会2016年度大会
【口頭発表】
●「洞爺湖におけるウチダザリガニの体サイズからみた分布拡大の考察」
兼堀穂奈美・室田欣弘・吉田剛司

2017年 日本環境教育学会北海道支部研究大会
【ポスター発表】
●「北海道におけるアメリカザリガニとの付き合い方 -普及啓発小冊子作成と活用方法の検討-」秋口実穂・上原裕世・吉田剛司


2016年

日本生態学会 第63回大会
【ポスター発表】
●「野付半島に生息するシカは季節で行動は変わるのか?‐定住型個体の季節的行動変化‐」佐藤瑞奈・石下亜衣紗・吉田剛司
●「ニホンジカの個体数調整による生態系回復を鳥類で探る」上原裕世・梶光一・吉田剛司
●「音声モニタリングで外来カエルの繁殖時期は推定できるか?」更科美帆・吉田剛司
●「北海道のウシガエルLithobates catesbeianus の婚活日和」貝塚萌華・吉田剛司
●「長期植生モニタリングデータを用いた釧路湿原におけるシカの影響評価」島村崇志・稲富佳洋・西川洋子・宇野裕之・日野貴文・宮木雅美・吉田剛司
●「湿原におけるシカの季節移動と日周行動を解明し効果的な管理を目指す」吉田剛司・日野貴文・吉田遼人・上井達矢・五十嵐守・佐藤温貴・村井拓成・立木靖之・赤松里香・小林聡史・島村崇志・長雄一・稲富佳洋・上野真由美・宇野裕之

第127回日本森林学会大会
【口頭発表】
●「釧路湿原におけるエゾシカよる湿地林の生息地利用」日野貴文・吉田遼人・五十嵐守・佐藤温貴・村井拓成・立木靖之・赤松里香・橋本寛治・小川健太・金子正美・吉田剛司

ヒトと動物の関係学会 第22回大会
【口頭発表】
●「冬季一斉調査データが証明する給餌によるタンチョウの分布偏向」上原裕世・長雄一・宇野裕之・小林聡史・河田庄平・日野貴文・吉田剛司

日本哺乳類学会 2016年度大会
【口頭発表】
●「高密度ニホンジカ個体群の不安定な動態:密度と冬季気象の影響」上野真由美・飯島勇人・竹下和貴・高橋裕史・吉田剛司・上原裕世・伊吾田宏正・松浦友紀子・池田敬・東谷宗光・梶光一
●「ヘリコプターセンサスおよびルートセンサスで観察されたエゾシカ個体数の比較 -国指定風連湖鳥獣保護区(走古丹地域)の事例-」村井拓成・立木靖之・中村秀次・工藤知美・赤松里香・吉田剛司
【ポスター発表】
●「北海道洞爺湖中島エゾシカ個体群における枝角の発達成長について」七條知哉・伊吾田宏正・松浦友紀子・高橋裕史・池田敬・東谷宗光・梶光一・吉田剛司
●「夏期と冬期の生息環境の違いによってエゾシカの行動圏は変化するか?」吉田遼人・佐藤温貴・齋藤薫香・菅野慎・橋本寛治・上原裕世・宇野裕之・稲富佳洋・上野真由美・小林聡史・村井拓成・赤松里香・立木靖之・吉田剛司
●「エゾシカの高密度化によるシカ道形成-霧多布湿原における事例-」佐藤瑞菜・吉田剛司
●「北海道における利用環境別GPS首輪のデータ取得率検証」佐藤温貴・吉田遼人・日野貴文・村井拓成・立木靖之・吉田剛司

日本景観生態学会 第26回大会
【口頭発表】
●「日本最大の湿原でエゾシカに44個もGPS首輪を付けてみた!!」吉田遼人・日野貴文・佐藤温貴・上井達矢・五十嵐守・上原裕世・宇野裕之・稲富佳洋・上野真由美・小林聡史・村井拓成・赤松里香・立木靖之・吉田剛司
●「北海道における Urban Deer が利用する景観構造の特性」橋本寛治・吉田遼人・日野貴文・村井拓成・立木靖之・赤松里香・吉田剛司・金子正美
【ポスター発表】
●「北海道の人工的な湿地景観における外来種トノサマガエルの繁殖時期の解明」 本間詩織・更科美帆・荒木洋美・吉田剛司〔ポスター賞受賞〕
●「釧路市丹頂鶴公園におけるUAVを用いたタンチョウモニタリングの試行」上原裕世・橋本寛治・吉田遼人・吉野智生・松本文雄・吉田剛司
●「釧路湿原周辺におけるエゾシカの生息地選択」小野理・宇野裕之・稲富佳洋・長雄一・日野貴文・吉田剛司
●「エゾシカの局所的高密度地域における森林構造の変化に伴うシカの餌資源の変化」佐藤温貴・日野貴文・吉田遼人・滋野知大・村井拓成・立木靖之・吉田剛司
●「釧路湿原の植生および牧草の植生指数の差異とエゾシカの利用度の関係」斎藤薫香・日野貴文・吉田遼人・佐藤温貴・橋本寛治・村井拓成・赤松里香・立木靖之・吉田剛司
●「滋賀県彦根市における寺社近辺の景観構造とアライグマの痕跡」五十嵐守・野間直彦・橋本寛治・吉田剛司
●「銚子半島の谷津環境及び市街地に点在する緑地帯におけるアライグマの利用状況」越宗菜保美・加瀬ちひろ・小林恒平・吉田剛司

「野生生物と社会」学会 第22回大会
【ポスター発表】
●「Insights gleaned from overseas pinniped management: Canadian and Scottish strategies」Haugen Max・上原裕世・吉田剛司

The Wildlife Society 23RD Annual Conference 2016
【ポスター発表】
●「Habitat use and seasonal movements of Sika deer in the Japan’s largest wetland ecosystem, Kushiro-shitugen, Hokkaido」 Ryoto Yoshida・Hino Takafumi・Atsuki Sato・Tatsuya Kamii・Mamoru Igarashi・Hiroyo Uehara・Hiroyuki Uno・Yoshihiro Inatomi・Mayumi Ueno・Satoshi Kobayashi・Takunari Murai・Rika Akamatsu・Yasuyuki Tachiki・Tsuyoshi Yoshida

日本爬虫両棲類学会 第55回大会
【ポスター発表】
●「北海道における外来種トノサマガエルの鳴き始めの解明」 本間詩織・更科美帆・吉田剛司
【企画集会】
●「北海道の田んぼで効率的に外来のトノサマガエルを捕獲するには?」更科美帆・上井達矢・吉田剛司

2015年
「野生生物と社会」学会 第21回大会
【ポスター発表】
●「札幌市近郊におけるエゾシカの生息動向について」細田祥子・芳賀和沙・織田陸・伊吾田宏正・赤坂猛
●「釧路湿原のシカはいつ・どこで捕獲したらいいのか?」吉田遼人・日野貴文・五十嵐守・村井拓成・立木靖之・赤松里香・吉田剛司
●「定量的手法を用いた移動型区分をエゾシカ個体数管理戦略に活かす」上井達矢・日野貴文・村井拓成・義久侑平・立木靖之・赤松里香・吉田剛司
●「エゾシカの高密度化に伴うササの衰退及び林床植生への影響」佐藤温貴・吉田遼人・日野貴文・吉田剛司
●「野付風蓮道立自然公園における超高密度化したエゾシカの個体数管理」佐藤瑞奈・石下亜衣紗・吉田剛司


森林野生動物研究会 第40回大会
【口頭発表】
●「シカとヒトの共存を目指して現場からみた鳥獣保護管理」(シンポジウム『改正鳥獣法と野生生物保全の現場』)吉田剛司
●「知床岬におけるエゾシカの個体数密度調整による森林性鳥類の変遷」上原裕世・吉田剛司

The Wildlife Society 22nd annual conference 2015
【ポスター発表】
“Factors influencing habitat distribution and expansion of non-native black spotted pond frogs in Hokkaido, Japan”Miho Sarashina, Tatsuya Kamii, Tsuyoshi Yoshida
“Population increase and changes in habitat use of red-crowned crane caused by intensive supplemental feedings in eastern Hokkaido”Hiroyo Uehara, Takafumi Hino, Yuichi Osa, Tsuyoshi Yoshida
“Seasonal and daily movements of Sika deer in Kushiro, Japan’s largest marshland: proof of concept for implementing night shooting”Tsuyoshi Yoshida, Takafumi Hino, Ryoto Yoshida, Hiroyo Uehara, Atsuki Sato, Takunari Murai, Yasuyuki Tachiki, Rika Akamatsu


日本鳥学会2015年度大会
ポスター発表
「エゾシカの超高密度化による植生被害は鳥類相に影響を与えるか ‐野付風蓮道立自然公園走古丹地区における事例‐」佐藤瑞奈・石下亜衣紗・吉田剛司

北海道畜産草地学会第4回大会
ポスター発表
「エゾシカによる牧草への食害 ‐ 浜中町の事例 ‐」佐藤瑞奈・漆原悟・柴田真子・伊藤鉄也・吉田剛司

第7
回(2015年度)日本湿地学会 大会
ポスター発表
「霧多布湿原におけるエゾシカの生息状況と行動」佐藤瑞奈・漆原悟・吉田剛司
「指標種を用いた湿原植生に及ぼすニホンジカ影響評価手法の検討」稲富佳洋・日野貴文・島村崇志・雄一 長・吉田剛司・宇野裕之
「湿原のシカは一年中湿原に生息しているのか?-釧路湿原におけるGPS首輪装着個体の追跡-」日野貴文・吉田遼人・佐藤温貴・五十嵐守・吉田剛司・村井拓成・立木靖之・赤松里香

Vth International Wildlife Management Congress 
【シンポジウム】
●”Frogs Native to Honshu but Invasive in Hokkaido?” Miho Sarashina, Tsuyoshi Yoshida
●”Changes in Density and Habitat Selection of Sika Deer during Winter in Kushiro-Shitsugen National Park” Yoshihiro Inatomi, Yuichi Osa, Hiroyuki Uno, Mayumi Ueno, Satoshi Kobayashi, Takafumi Hino, Tsuyoshi Yoshida
●”Changes in Dynamics and Population of Red-Crowned Cranes and Sika Deer” Hiroyo Uehara, Takafumi Hino, Syohei Kawata, Yuichi Osa, Tsuyoshi Yoshida
●”GPS Telemetry Tracking of Sika Deer in Several Wetlands of Hokkaido in Cooperation among Relevant Organizations” Yasuyuki Tachiki, Koichi Waseda, Daisuke Fukui, Takunari Murai, Hiroyuki Uno, Yoshihiro Inatomi, Mayumi Ueno, Satoshi Terauchi, Satoshi Abe, Sayaka Fujii, Issei Nakata, Isami Takahashi, Satoshi Matsumoto, Takumi Matsumoto, Tetsuya Ito, Masakazu Nakaya, Aisa Ishiroroshi, Toshihiro Shimazaki, Mizuna Sato, Ryoto Yoshida, Hino Takafumi, Tsuyoshi Yoshida, Rika Akamatsu
【口頭発表】
●”Chicken or the Egg?: Possibility of New Wildlife Job or Reforming Academic Curriculum in Japan” Shoko Hosoda, Takeshi Akasaka, Hiromasa Igota, Yoshikazu Sato, Hino Takafumi, Tsuyoshi Yoshida
●”Seeking a Robust Approach to Manage Invasive Signal Crayfish in Japan” Hiroyo Uehara, Yoshihiro Murota, Tsuyoshi Yoshida
【ポスター発表】
●”Effective Time and Days for Trapping Invasive Alien Aquatic Species, Signal Crayfish” Kyu Q. Tanimoto, Yoshihiro Murota, Tsuyoshi Yoshida
●”Avifauna under High Density Sika-Deer Forest on Nakanoshima Island, in Hokkaido” Katsumi Tamada, Aisa Ishioroshi, Tsuyoshi Yoshida
●”What If Red Swamp Crayfishes Are not Available? What Do Bullfrogs Feed on in Japan?” Miho Sarashina, Moeka Kaizuka, Tsuyoshi Yoshida
●”Indirect Impacts of Overbrowsing by Sika Deer on Bumblebees” Shunsuke Akaba, Hino Takafumi, Koichi Kaji, Tsuyoshi Yoshida
●”Estimating Density of Sika Deer Population from Random Encounter Model Using Camera-Trap Survey” Takashi Ikeda, Yukiko Matsuura, Hiroshi Takahashi, Tsuyoshi Yoshida, Koichi Kaji
●”UAV Monitoring as a Non-invasive Tool for Wildlife Management in Inaccessible Wetland Ecosystems” Max Haugen, Hino Takafumi, Kenta Ogawa, Nobuhiko Yoshimura, Tsuyoshi Yoshida
●”Timing and Duration of Sika Deer Migration in Hokkaido, Shikotsu-Toya National Park” Takunari Murai, Hino Takafumi, Ryoto Yoshida, Tatsuya Kamii, Yuhei Yoshihisa, Yasuyuki Tachiki, Rika Akamatsu, Tsuyoshi Yoshida
●”Snow Depth of 40cm as a Threshold for Winter Habitat Selection of Sika Deer” Tsuyoshi Yoshida, Ryoto Yoshida, Atsuki Sato, Max Haugen, Hino Takafumi
●”Behavior and Seasonal Habitat Selection of Non-migratory Sika Deer in Coastal Landscape of Notsuke Peninsula, Hokkaido” Mizuna Sato, Yasuyuki Tachiki, Aisa Ishioroshi, Norio Sato, Masakazu Nakaya, Tsuyoshi Yoshida
●”Temporal Changes in Molar Wear Rate and Survival Pattern of Sika Deer Population under the Density Dependent Food Limitation” Kazutaka Takeshita, Mari Ishizaki, Ryoko Mitsuya, Hiroshi Takahashi, Tsuyoshi Yoshida, Hiromasa Igota, Takashi Ikeda, Mugino O. Kubo, Koichi Kaji
●”Predicting Time and Location for Effective Sika Deer Culling in Marsh Ecosystem” Ryoto Yoshida, Hino Takafumi, Takunari Murai, Yasuyuki Tachiki, Rika Akamatsu, Tsuyoshi Yoshida
●”Indirect Positive Effects of Seasonal High Abundance Deer on Summer-Green Herb Species in a Deer Wintering Area” Hino Takafumi, Atsuki Sato, Ryoto Yoshida, Takunari Murai, Yasuyuki Tachiki, Shouko Kudo, Tsuyoshi Yoshida
●”Change in Activity Pattern of Sika Deer before, during, and after Culling Operation” Takashi Ikeda, Hiroshi Takahashi, Hiromasa Igota, Yukiko Matsuura, Munemitsu Azumaya, Tsuyoshi Yoshida, Kazutaka Takeshita, Koichi Kaji
●”Determining Factors for Deer Culling Suitability Evaluated by Forest GIS And Professional Hunters” Tsukasa Ono, Hino Takafumi, Hiromasa Igota, Yutaka Yasoshima, Keiko Okuaki, Yoko Nakatani, Hiroyuki Uno, Nobuhiro Akashi, Tsuyoshi Yoshida
●”Planning of Deer Culling in an Uncertain Society: A Trial of Sharpshooting on National Highway in a National Park” Yoshiya Terao, Hino Takafumi, Masatsugu Suzuki, Seiji Kondo, Tsuyoshi Yoshida
●”Characterization of Sarcocystis in an Isolated Population of Hokkaido Sika Deer (Cervus nippon yesoensis) on Nakanoshima Island” Chie Noda, Yukiko Matsuura, Hiromasa Igota, Koichi Kaji, Tsuyoshi Yoshida, Hiroshi Takahashi, Makoto Asano, Masatsugu Suzuki

日本景観生態学会 第25回大会
【口頭発表】
●「釧路湿原で超高密度となったエゾシカの捕獲適地は存在するか?-日周行動と季節移動から解明したシカ捕獲の難しさ-」吉田剛司・日野貴文・吉田遼人・佐藤温貴・五十嵐守・村井拓成・立木靖之・赤松里香
【ポスター発表】

●「タンチョウの越冬分布の空間的特徴の把握」上原裕世・日野貴文・長雄一・宇野裕之・小林聡史・五十嵐守・髙杉麻莉子・河田庄平・吉田剛司

日本森林学会 第126回大会
【口頭発表】
●「積雪深によるシカの密度勾配と樹皮剥ぎ被害─支笏湖畔の積雪深勾配による検証─」(シンポジウム『森林におけるシカ問題の解決に向けて-被害・影響の把握から被害対策、個体数管理まで-』)佐藤温貴・日野貴文・吉田遼人・工藤祥子・村井拓成・立木靖之・吉田剛司
●「エゾシカの越冬地利用がササの減少を介して林床植物に及ぼす間接効果」(シンポジウム『森林におけるシカ問題の解決に向けて-被害・影響の把握から被害対策、個体数管理まで-』)日野貴文・佐藤温貴・村井拓成・立木靖之・工藤祥子・吉田剛司
【ポスター発表】

●「森林GISと空間分析による銃器を用いたエゾシカ捕獲の適地抽出」小野 司・日野貴文・伊吾田宏正・宇野裕之・明石信廣・吉田剛司
●「森林地域におけるカメラトラップ法を用いたニホンジカの密度推定手法の確立」池田 敬・高橋裕史・松浦友紀子・伊吾田宏正・吉田剛司・梶 光一


日本生態学会 第62回大会
【口頭発表】
●「大型草食獣の採食圧による林床植生を介した冷温帯林の物質循環過程の変化」(シンポジウム『ニホンジカの過採食の生態学的意義』)日浦勉・天野創・日野貴文
【ポスター発表】

●「野付風蓮道立自然公園における鳥類相の変遷」佐藤瑞奈・石下亜衣紗・吉田剛司
●「連続的な捕獲圧によるニホンジカの活動パターンの変化」池田敬・高橋裕史・伊吾田宏正・松浦友紀子・東谷宗光・吉田剛司・竹下和貴・梶光一
●「密度依存的な餌資源制限下におけるニホンジカの歯の摩滅速度と平均寿命の時間的な変化」竹下和貴・石崎真理・高橋裕史・吉田剛司・伊吾田宏正・池田敬・三ツ矢綾子・久保麦野・梶光一


2014年
日本爬虫両棲類学会 第53回大会
【口頭発表】
●「アズマヒキガエルは北海道にとってツチガエルより脅威となる外来種か?-胃重要度指数から地表徘徊性昆虫類への影響を評価する-」更科美帆・吉田剛司

「野生生物と社会」学会 第20回大会
【ポスター発表】
●「法律から見る「道路での銃によるシカ捕獲」― 国道で実施できるのか?」寺尾愛也・日野貴文・鈴木正嗣・近藤誠司・吉田剛司

The Wildlife Society annual conference 2014
【ポスター発表】
●「Deer Wars In Hokkaido, Japan -misunderstanding of Management Caused Hyper-abundant Deer In Protected Area」Tsuyoshi Yoshida, Hino Takafumi, Ryoto Yoshida, Takunari Murai, Mizuna Satoh, Yoshiya Terao, Yasuyuki Tachiki
●「Predation of invasive bullfrog in subarctic area of Hokkaido, Japan」Miho Sarashina, Tsuyoshi Yoshida

●「Species Composition of Grassland Songbirds in Hyper-Abundant Deer Landscape」Hiroyo Uehara, Hajime Nakagawa, Michihiro Tazawa, Tsuyoshi Ishinazaka, Tsuyoshi Yoshida
●「Evaluation of Random Encounter Model from camera-trap survey for a sika deer population」Takashi Ikeda, Hiroshi Takahashi, Hiromasa Igota, Yukiko Matsuura, Tsuyoshi Yoshida, Kazutaka Takeshita, Koichi Kaji
●「Density-Dependent Effects on Body Mass and Reproduction in Sika Deer」Koichi Kaji, Matsuura, Hiroshi Takahashi, Takashi Ikeda, Tsuyoshi Yoshida, Takafumi Hino, Munemitsu Azumaya, Hiromasa Igota


The 8th International Deer Biology Congress&International Wildlife Management Symposium
【口頭発表】
●「Density effect on body mass and body size of sika deer」Koichi Kaji, Hiroshi Takahashi, Mayumi Ueno, Tsuyoshi Yoshida, Hiromasa Igota, Yukiko Matsuura, Takashi Ikeda

日本哺乳類学会 2014年度大会
【ポスター発表】
●「ラムサール条約登録湿地でシカを獲る!—野付半島におけるエゾシカ囲い罠捕獲の実施と課題—」佐藤瑞奈・佐藤則夫・中谷正和・石下亜衣紗・吉田剛司
●「北海道西部の支笏湖畔がエゾシカの一大越冬地となった要因と性構成」吉田遼人 ・日野貴文・高橋裕史・吉田剛司
●「札幌市近郊に生息するエゾシカの生息動向、季節移動及び土地利用」古賀 彩音・本間由香里・伊吾田宏正・吉田剛司・赤坂 猛・金子正美・松浦友紀子
【企画シンポジウム】

●「密度低減のための捕獲シナリオ―減らしてからが勝負!」松浦友紀子・高橋裕史・伊吾田宏正・池田敬・東谷宗光・梶光一・吉田剛司
●「目標密度達成へのモニタリング手法の開発」池田敬・高橋裕史・伊吾田宏正・松浦友紀子・東谷宗光・丸智明・吉田剛司・梶光一
●「体サイズと生活史特性の変化」梶光一・高橋裕史・吉田剛司・伊吾田宏正・松浦友紀子・池田敬・日野貴文・東谷宗光


森林野生動物研究会 第47回大会
【口頭発表】
●「森林GISを活用した囲い罠と箱罠の設置適地選定手法の検討」小野 司・日野貴文・立木靖之・宇野裕之・明石信廣・吉田剛司
●「森林管理者との連携によるエゾシカ捕獲 ―占冠モバイルカリング―」明石信廣・南野一博・稲富佳洋・宇野裕之・小野 司・吉田剛司・浦田剛・中島辰男

●「都市近郊に生息するエゾシカの生息動向及び季節移動と行動圏」古賀彩音・本間由香里・伊吾田宏正・吉田剛司・赤坂 猛・金子正美・松浦友紀子

日本景観生態学会 第24回大会
【口頭発表】
●「知床岬のトリ事情シカ事情 ―シカによる草地景観の改変と鳥類相変化―」上原裕世・石名坂豪・田澤道弘・中川元・吉田剛司
【ポスター発表】

●「超高密度越冬地走古丹における植生構造の変化」佐藤瑞奈・宮木雅美・吉田剛司
●「特定外来生物ウシガエル(Lithobates catesbeianus)は国内最北の生息地でどの採餌環境に適応しているか?」更科美帆・貝塚萌華・吉田剛司

日本生態学会 第61回大会
【ポスター発表】
●「エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)による樽前山の高山植生被害地点の特定」松本明日・日野貴文・吉田剛司
●「北海道標津町における人とヒグマ(Ursus arctos)の遭遇ハザードマップの作成」松橋杏子・藤本靖・赤石正男・長田雅裕・吉田剛司
●「鳥獣保護区の指定解除はエゾシカの影響を低減させたか?」稲富佳洋・上野真由美・日野貴文


2013年
「野生生物と社会」学会 第19回大会
【ポスター発表】
・「体系的なシカ交通事故対策の第一歩~統合データベースによる基盤づくりを考える~」寺尾愛也・日野貴文・吉田剛司〔ポスター賞受賞〕

日本爬虫両棲類学会 第52回大会
【ポスター発表】
・「北海道における特定外来生物ウシガエルの食性」更科美帆・吉田剛司
・「北海道における外来種トノサマガエル Rana nigromaculata は鳴き声で誘引できるか?―水田における効率的な捕獲手法の検討―」上井達矢・更科美帆・吉田剛司


The Wildlife Society annual conference
【口頭発表】
・「Promoting wildlife education in Japan by referencing the north american wildlife academic curriculum」Tsuyoshi YOSHIDA, Shoko HOSODA, Hiromasa IGOTA

森林野生動物研究会 第46回大会
【口頭発表】
・「狙撃適地の抽出に向けた狩猟者の経験知の定量的な評価手法」小野 司・伊吾田宏正・日野貴文・宇野裕之・明石信廣・吉田剛司

日本鳥学会 2013年度大会
【ポスター発表】
・「エゾシカの生息密度が異なる地域における森林性鳥類の囀り消長」上原裕世・玉田克巳・川路則友・吉田剛司


日本哺乳類学会 2013年度大会
【ミニシンポジウム】
・「国立公園・鳥獣保護区におけるシカ管理の課題整理」“国立公園・鳥獣保護区におけるシカ管理の川上から川下まで-統合的なシカ管理体制の構築”吉田剛司
・「支笏洞爺国立公園をモデルとした統合的なシカ管理体制の立案」“国立公園・鳥獣保護区におけるシカ管理の川上から川下まで-統合的なシカ管理体制の構築”日野貴文
【口頭発表】

・「気候によるニホンジカメスの行動圏面積の変化-年間および季節内における要因の解析」村井拓成・日野貴文・吉田剛司・義久侑平・立木靖之・赤松里香
・「支笏湖畔の人気温泉旅館でシカを捕獲する」高橋裕史・松浦友紀子・村井拓成・池田 敬・東谷宗光・日野貴文・吉田剛司
【ポスター発表】
・「札幌市近郊に生息するエゾシカの季節移動と土地利用」古賀彩音・本間由香里・伊吾田宏正・吉田剛司・赤坂 猛・金子正美・松浦友紀子
・「餌資源制限下において子ジカは母親の影響をどれだけ受けるのか?」東谷宗光・松浦友紀子・伊吾田宏正・高橋裕史・池田 敬・吉田剛司・梶 光一
・「林内におけるGPS Iridium首輪の測位精度評価」立木靖之・吉田剛司・日野貴文・金子正美・赤松里香
・「シカ個体数調整のための捕獲手法の評価」松浦友紀子・高橋裕史・伊吾田宏正・池田 敬・東谷宗光・梶 光一・日野貴文・吉田剛司
・「カメラトラップを用いた密度推定手法のニホンジカ個体群への実用性」池田 敬・松浦友紀子・高橋裕史・吉田剛司・村井拓成・梶 光一

国際生態学会 INTECOL 2013
【口頭発表】
・「Coarse woody debris in stream create the refugia habitats for endangered aquatic plants from sika deer (Cervus nippon yesoensis) impacts」H. Takafumi, K. Aotani, A. Matsumoto, T. Yoshida.

国際哺乳類学会 International Mammalogical Congress 2013
【口頭発表】
・「Impact of population irruption of Sika deer on vegetation and feedback effects on their life history on Nakanoshima Island, Hokkaido」K. Kaji, M. Miyaki, H. Takahashi, T. Yoshida.
・「National parks and wildlife refuges as hotspots of Sika deer」T. Yoshida, T. Murai, R. Yoshida, T. Hino.
【ポスター発表】
・「The effects of malnutrition on reproductive characteristics in Sika deer inhabiting Shikotsu-Toya National Park, Japan」M. Azumaya, Y. Matsuura, H. Igota, T. Yoshida.
・「Climate factors influencing home range size of Sika deer at different spatiotemporal scales」T. Murai, T. Hino, Y. Tachiki, T. Yoshida.
・「Migration patterns and habitat use of Sika deer in suburbs of Sapporo, Japan」H. Igota, Y. Honma, A. Koga, T. Yoshida.

ESRI JAPAN GIS フォーラム 第9回
【口頭発表】
「森林管理と連携した野生動物管理」吉田剛司・中谷曜子・植月智子・日野貴文・伊吾田宏正・稲富佳洋・明石信廣・宇野裕之

日本景観生態学会 第23回大会
【口頭発表】
「北海道石狩低地帯の都市近郊におけるエゾシカの季節移動」吉田剛司日野貴文村井拓成・古賀彩音・伊吾田宏正・立木靖之・赤松里香
【ポスター発表】
「北海道における国内外来種トノサマガエル(Pelophylax nigromaculatus)の2つの景観(水田・湿地)での食性比較」更科美帆吉田剛司
「北海道標津町におけるヒグマ(Ursus arctos)出没確認ポイントの景観要因の把握」松橋杏子・藤本靖・赤石正男・長田雅裕・吉田剛司〔ポスター賞受賞〕
「エゾシカの高密度化により植生構造が改変された洞爺湖中島におけるヤブサメの生息地選択」上原裕世・川路則友・梶光一・吉田剛司〔ポスター賞受賞〕

 

日本森林学会 第124回大会
【ポスター発表】
・「リター蓄積量を介したエゾシカの落葉採食がもたらすワラジムシ類への間接効果」日野貴文・宮木雅美・吉田剛司・山舗直子

 

日本生態学会 第60回全国大会
【ポスター発表】
・「エゾシカの高密度化による植生破壊は,ヤブサメの生息地利用に影響を与えるか?」上原裕世・玉田克己・梶光一・吉田剛司
・「エゾシカCervus nippon yesoensisの長期高密度化が食糞性コガネムシの多様性にどのような影響を与えるか?―高密度地域洞爺湖中島と湖畔の森林を比較して―」赤羽俊亮日野貴文吉田剛司
・「エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の高山植物に対する採食圧ハザードマップの作成」松本明日日野貴文吉田剛司
・「エゾシカ(Cervus nippon yezoensis)のハビタット選択の季節変化によってバイカモ類の生育は妨げられるか?」青谷克哉日野貴文吉田剛司
・「札幌市都市圏の緑地公園に生息する希少種ニホンザリガニ(Cambaroides japonicus)のモニタリング手法の検討」中野直哉・伊藤志織・吉田剛司

 

2012年
日本爬虫両棲類学会 第51回大会
【ポスター発表】
・「北海道の外来カエル5種の食性」更科美帆吉田剛司

 

野生生物保護学会 第18回大会
【ポスター発表】
・「エゾシカの捕獲技術法の効率比較‐洞爺湖中島での検証‐」池田敬・高橋裕史・吉田剛司・伊吾田宏正・松浦友紀子・日野貴文・角田裕志・梶光一

個体群生態学会 第28回大会
【ポスター発表】
・「エゾシカの個体群動態に影響を与える齢構造と動態パラメータ」竹下和貴・上野真由美・高橋裕史・池田敬・三ツ矢綾子・吉田剛司・伊吾田宏正・梶光一

 

The Wildlife Society Annual Meeting 2012
【口頭発表】
・「Repeated irruption of a sika deer population with changing main winter food resources」Koichi Kaji, Hiroshi Takahashi, Takashi Ikeda, Tsuyoshi Yoshida and Hiromasa Igota

 

Pathways to Success Conference Integrating Human Dimensions into Fisheries and Wildlife Management
【口頭発表】
・「Japan’s directions for future wildlife management – seeking wildlife education and human dimensions into university programs」Shoko Hosoda, Tsuyoshi Yoshida

 

日本哺乳類学会2012年度大会
【口頭発表】
・「札幌市におけるアーバンディアの行動追跡結果から考えられる対策方針についての考察」立木靖之・吉田剛司・松浦友紀子・赤松里香
【ポスター発表】
・「北海道大規模風倒跡地周辺におけるエゾシカの密度と分布の変化」松浦友紀子・高橋裕史・日野貴文・池田敬・義久侑平吉田剛司
・「支笏湖周辺におけるエゾシカの季節移動と移動経路」日野貴文義久侑平吉田剛司・立木靖之・赤松里香
・「イリジウム型GPS首輪によるニホンジカのモニタリングと情報ツールとしての運用の可能性」吉田剛司・立木靖之・日野貴文義久侑平・伊吾田宏正・高橋裕史・松浦友紀子・梶光一・赤松里香・近藤誠司
・「ライトセンサスと行動追跡を用いた札幌市近郊におけるアーバンディアの生息状況の把握」本間由香里・伊吾田宏正・吉田剛司・赤坂猛・松浦友紀子
・「エゾシカの出産場所および子ジカの隠れ場所選択」東谷宗光・松浦友紀子・伊吾田宏正・池田敬・吉田剛司・梶光一
・「洞爺湖中島個体群における崩壊後の再増加プロセスの解明」竹下和貴・上野真由美・高橋裕史・池田敬・三ツ矢綾子・吉田剛司・伊吾田宏正・梶光一
・「シカの密度推定のためのカメラトラップ法の有効な設置密度と設置日数」池田敬・高橋裕史・吉田剛司・伊吾田宏正・松浦友紀子・梶光一

 

IVth International Wildlife Management Congress 2012 (Durban, South Africa)
【口頭発表】
・「Changes of landscape structure and songbird species composition in the Siretoko cape, World Natural Heritage of Japan: Sika deer overabundance is a causing factor?」T. Yoshida, H. Uehara, M. Tazawa, T. Ishinazaka, K. Tamada, H. Nakagawa, M. Koarai.
【ポスター発表】
・「Entry pathway estimation with cost-path analysis by GIS for urban deer at Sapporo City, Hokkaido Japan」Yasuyuki Tachiki, Tsuyoshi Yoshida, Takafumi Hino, Yuhei Yoshihisa, Hiroshi Takahashi, Yukiko Matsuura, Koichi Kaji and Rika Akamatsu

 

日本生態学会 第59回全国大会
【ポスター発表】
・「Field testing of sika deer capturing site selection based on camera trapping and browsing intensity」Yuhei, Y., Takafumi, H., Tsuyoshi, Y., Rika, A., Yasuyuki, T.
・「夕張岳に進出したエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)による植生被害の傾向」杉浦晃介・佐藤謙・丹羽真一・吉田剛司
・「アライグマ(Procyon lotor)低密度地域における既存の有害鳥獣駆除システムの問題と今後の管理課題について ‐国立公園に隣接した北海道洞爺湖町における事例‐」渡辺祐太吉田剛司・山本勲
・「植生劣化地域における糞虫群集の多様性 ‐エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)高密度地域,洞爺湖中島の事例‐」村井隆晃吉田剛司
・「北海道の水田地帯に定着した国内外来種トウキョウダルマガエル(Pelophylax porosus)の食性について」更科美帆吉田剛司

 

2012年北海道環境教育研究会発表大会
【ポスター発表】
・「小学校における外来種教育と効果的な教育普及の検討‐アメリカザリガニの人為的導入の抑止に向けて‐」高田直紀

 

2011年
第17回野生生物保護学会大会
【ポスター発表】
・「シカ管理成功の未来―英国における狩猟動物管理者の教育方法―」細田祥子 ・伊吾田宏正・チャールズ スミス ジョーンズ・吉田剛司〔ポスター賞受賞〕

 

日本生態学会 第58回全国大会
【ポスター発表】
・「北海道におけるオオセンチコガネ Phelotrupes auratus の生息地評価」義久侑平・堀繁久・梶光一・吉田剛司
・「エゾシカ解体処理施設の適正配置に関する研究」植月智子吉田剛司・伊吾田宏正・井田宏之・宇野裕之
・「閉鎖的空間及びエゾシカ高密度状態が地表性昆虫の多様性に与える影響」柳原祐一吉田剛司
・「洞爺湖における特定外来生物ウチダザリガニの効率的防除手法の検討」戸崎良美・室田欣弘・加藤康大・吉田剛司
・「特定外来生物オオハンゴンソウが林床植物の種組成と開花に及ぼす影響」青木克将吉田剛司
・「高山帯に侵入したエゾシカ(Cervus nippon yezoensis)から高山植物を守れるか? ‐夕張岳における植生保護柵設置に関する機能効果とその課題‐」杉浦晃介・坂村武・赤坂猛・吉田剛司
・「エゾシカの高密度化がヤブサメの繁殖に与える影響の可能性」上原裕世吉田剛司・川路則友・梶光一
・「札幌市近郊に定着した国内外来種トノサマガエルの捕食による湿地生態系への影響」更科美帆吉田剛司
・「札幌市茨戸川支流におけるアメリカザリガニの分布及び越冬要因の推定」石山ちえみ吉田剛司

 

2011年北海道環境教育研究会発表大会
【ポスター発表】
・「外来生物を教材とした自然体験型環境教育の検証」坂本 幸吉田剛司

 

2010年
日本昆虫学会 第70回大会
【口頭発表】
・「北海道におけるオオセンチコガネ Phelotrupes auratus の分布とその制限要因」義久侑平吉田剛司・堀繁久・梶光一

 

日本生態学会 第57回全国大会
【ポスター発表】
・「GPS首輪を用いたニホンジカの行動分析」竹田千尋・梶光一・田村哲生・伊吾田宏正・吉田剛司・高橋裕史・土屋誠一郎

 

2010年北海道環境教育研究会発表大会
【ポスター発表】
・「日本とブラジルの動物園における環境教育的比較と考察 −札幌市円山動物園とサンパウロ市動物園での意識調査より−」佐々木アンナルシア美樹・竹内カリナ・樋口未央・朝倉卓也・吉田剛司

 

2009年
地理情報システム学会第18回研究発表大会
・「航空レーザ測量を利用したエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)不嗜好生植物ハンゴンソウ(Senecio cannabifolus)の分布拡大の把握-原生自然環境知床岬での事例-」西 謙一吉田剛司・山下亜紀郞・横尾泰広・小荒井衛


Comments are closed.