2010年度 卒論・修論


〈卒業論文〉(3期生)

青谷 克哉
「西興部宮の森におけるため池ビオトープ整備がヤチウグイ Phoxinus percnurus sachalinensis に与える影響評価のための事前基礎調査」

更科 美帆
「札幌市近郊に定着した国内外来種トノサマガエル Rana nigromaculata の捕食による湿地生態系への影響」

中野 直哉
「ニホンザリガニ Cambaroides japonicus の生息状況と河床間隙水位の関連性についての追及」

杉山 辰也
「札幌市及び石狩市におけるアメリカザリガニ Procambarus clarkii の分布状況の把握」

石山 ちえみ
「北海道におけるアメリカザリガニ Procambarus clarkii の越冬要因の推定―札幌市茨戸川支流の調査事例より―」

寺尾 愛也
「海外のUrban Deerによる問題と対策に基づく札幌都市域のエゾシカ Cervus nippon yesoensis 管理手法の検討」

日高 誠子
「エゾシカ Cervus nippon yesoensis の保護管理に向けた電気柵応用手法の模索」

吉田 晋也
「円山動物園と連携した猛禽類野生復帰に関する基礎情報の集約」

坂本 幸
「小中学生とその保護者を対象とした自然体験型環境教育への意識の考察」

小笹 仁美
「洞爺湖中島におけるエゾシカ Cervus nippon yesoensis の高密度状態が両生類へ与える影響について」

上原 裕世
「エゾシカ Cervus nippon yesoensis の高密度化がヤブサメ Urosphena squameiceps の繁殖に与える影響の可能性」

 

〈修士論文〉

植月 智子
「エゾシカ解体処理施設の適正配置に関する考察」

大坪 晃輔
「野幌森林公園におけるマルハナバチ亜科の種構成と訪花選択性の季節変動―特にセイヨウオオマルハナバチ Bombus terrestris の定着状況に着目して―」

土屋 誠一郎
「洞爺湖中島における高密度化したエゾシカ Cervus nippon yesoensis の生体捕獲とモニタリングの効率性向上にむけて」

西 謙一
「知床岬における航空レーザー測量を利用した生態系長期モニタリングのための基礎データ整備」

柳原 祐一
「エゾシカ Cervus nippon yesoensis 高密度地域における地表性昆虫の多様性に関する考察」

義久 侑平
「北海道におけるオオセンチコガネ Phelotrupes auratus の分布と生息適地モデルによる制限要因の推定」


戻る


Comments are closed.